フリータイム制 ネイルスクールの選び方 5つのポイント

ネイルスクールに通いたいが、「子育て中だから」「働きながら」とネイリストになる夢を諦めていませんか?

子育て中でも通えるネイルスクールってあるの?

ピコ

子育て中や仕事をしながら通える、通学のフリータイム制や通信制(オンライン講座)のネイルスクールがあります。

フリータイム制

授業は少人数やマンツーマンで、一人一人きっちり見てもらえ、分からない事もすぐに聞く事ができます。
予約制のスクールもあるので、自分の行きたい日時に予約ができます。

通信制(オンライン講座)

自宅でオンライン授業を受けれます。
仕事や家庭が忙しく、時間や曜日を決める事が難しい方や、費用を押さえたい方にはおすすめです。
検定受験も可能で、自分のペースでスキルを身につけられます。

ネイルスクールに通う事でネイル技術が身につき、検定合格や将来的にはネイルサロンで働く事や、自宅ネイルサロンを開業することができます。

この記事では、フリータイム制の選び方のポイントついて書いています。
スクールによってシステム・カリキュラム・料金が様々なので、スクール選びはとても大切です。
スクール選びの参考にしてください。

目次

ポイント1 場所

通うことになるので、通学時間に無理のないように、自分が通いやすい場所で選びましょう。
・自宅や職場の近くなど、通いやす場所で選ぶ。
・バスや電車で通いたい方は、バス停や駅の場所も確認。
・車で通いたい方は、駐車場の確認。

ポイント2 先生や授業の雰囲気

授業をしてくれる先生との相性や、授業の雰囲気は大切です。
・親切で話しやすい先生がいいと思います。質問をした時も丁寧に教えてくれるはずです。
・JNA認定講師の先生は、ネイル検定の試験官をしているので、検定合格に近づけます。
・少人数の授業の方が、一人一人しっかり先生の見てもらえ、分からない所や聞きたい事もすぐに先生に質問ができます。

ポイント3 授業日や授業時間・予約方法

自分が行きたい曜日や時間帯に授業があるかは、きっちり確認しておきましょう。

・スクールがある曜日や時間帯の確認。
・予約方法(電話予約やネット予約)の方法。
・キャンセル方法やキャンセルした時のペナルティはあるのか。

ポイント4 授業内容(カリキュラム)

授業内容(カリキュラム)で学べる事や、就職や自宅サロンをする上で学ぶべき事の確認をしておきましょう。

・検定や就職、自宅サロン開業で必要な技術を学べるのか。
・検定対策はどのように行われているか。
・補修授業をしてもらえるのか。


ポイント5 入会金・授業料金・教材費

初めに入会金・授業料金・教材費の支払いが必要です。大金になりますので、無理なく支払いができるか確認しておきましょう。

・教材は、無くなればその都度購入する事になりますが、割引価格で購入できるのか。
・クレジット払いや分割は払いはできるかなど、確認。
・検定対策や補修授業は、お金がかかるのか。

最後に

スクールを選びは、とても大切です。
カリキュラムが終わった後でも補修や検定講習をしていたり、就職やサロン開業に向けて相談に乗ってくれるスクールもあります。
ネイルスクールを探している方は、参考にしてください。

シェアする時はこちら★
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

個人ネイルサロンをしているピコです。
ネイリスト歴20年で、ネイリスト兼ネイル講師をしています。
仕事と主婦業の両立で、忙しい日々を送っています。
ネイリストの経験や知識を中心に、お役立ち情報を日々更新してます。

コメント

コメントする

目次
閉じる